Let's enjoy bowling with miku! ver.2.0

浦野実紅と父のボウリング日記
-

このブログの主な登場人物を紹介します。

 mikuと父のプロフィールです。(17・9・30最終更新)

----------------
浦野実紅(うらの・みく)(miku)
----------------

雲2

 浦野実紅(うらの・みく)は20才のアスリートボウラー。千葉市出身、福井市在住。福井県体育協会所属。97年8月16日、札幌で生まれ、1才から千葉市で育ち、16年3月、敬愛学園高校を卒業。17年3月、福井市に転居。しし座のうし年のO型。動物占いはペガサス。

 ※福井市への転居は国体強化選手として(正式には特別強化コーチ=体協嘱託)。18年10月に行われる福井しあわせ元気国体での優勝をめざす。
 ※写真は12年10月13日にあらわれた不思議な雲

 14・15・16年PBAジャパン・ウィメンズ・スコーピオン・オープン3連覇。16年QAMFワールドカップ日本代表19位(上海)。16年MILO Junior All-Stars Youth Girls Open5位(マレーシア)。17年JPBA宮崎オープン総合5位・ベストアマ。

 12年岐阜国体・千葉県少年女子代表、14年全日本高校選手権3位、15年和歌山国体・千葉県少年女子代表(団体戦4位)。

 ※戦績

 16年から国際大会に参戦して世界のボウラー友だちをつくり、Instagramは英語でも積極的に投稿。英会話は度胸と愛嬌でこなす。国内だけでなく、USBCクィーンズ、PWBAツアー、QAMFワールドカップ、MILO Junior All-Stars、Singapore International Openをはじめ、海外でも活躍するボウラーをめざす

 ※PBA(全米プロボウラーズ協会)、PWBA(全米女子プロボウリング協会)、USBC(全米ボウリング協会)、QAMF(米QubicaAMF社)、JPBA(日本プロボウリング協会)

 4人兄弟の末っ子の甘えん坊。寝起きがいい。直感女子。ルービックキューブ大好き。友だち大好き。ドラゴンズ大好き。懐メロ大好き。海とプールが大好き。人の名前と地名は覚えるのが苦手

 高校生のときから、毎晩、家族のために夕食をつくっていた。福井でも自炊している。麻婆豆腐、肉じゃが、豚生姜焼き、青椒肉絲、鶏の照り焼き、クラムチャウダー、コーンスープが得意。身だしなみには気をつかい、お風呂には45分以上入ることを習慣にしている

 ボウリング好きの父のお相手でボウリング場に通いはじめ、07年11月(小4)にマイボールを作り、本格的にボウリングを始めた。右投げ、素手の4歩助走。ボールの重さは14ポンド。肩を開くオープンバックで、バックスイングが高いのが特長

 P★League収録は初期に7回観戦(第10・12・13・14・16・19・22戦)。

 (誕生日は畠山愛理(はたけやま・あいり)、寺下智香、ダルビッシュ有、ざわちんと同じ)

----
mikuの父
----
 61年7月28日、岡崎生まれ(ドラゴンズ・森野将彦と同じ)。千葉市在住。しし座のうし年のB型。動物占いは黒ひょうでペガサスの娘に振り回される。

 このブログの筆者。このブログの「父」は1人称で、筆者自身を指す。「mikuの母」は筆者の妻である。

 06年4月からボウリングを始める。07年3月にマイボールを作った。ボールの握りはコンベンショナル。ボールを曲げず、1番ピンをまっすぐ狙うボウリング。10年3月から練習はお休み中。

 08年6月にブログ Let's enjoy bowling with miku!(ココログ)を始め、14年1月に Let's enjoy bowling with miku! ver.2.0(FC2)に移行。9年以上にわたり、毎日記事を更新している

 P★League収録は初期に10回観戦(第6・7・9・10・12・13・14・16・19・22戦)。

 生まれたときからの中日ドラゴンズファンでもある

///

 記事の日付が1997年の3本は、プロフィール・大会スケジュール・大会成績です。以前のブログは2008~13年、現在のブログは14年から書いています

 ブログトップ(2014年~)
 以前のブログトップ(08~13年)

///

 mikuや父がよくいただく質問を中心に、このブログの紹介をします。

 Q 記事はだれが書いていますか。
 A ほとんどの記事は父が書いています。このブログの「父」は1人称で、筆者自身を指します。「mikuの母」は筆者の妻です。
 基本的に毎日0時01分に自動更新されるように、公開時間を設定しています(更新された時間には、父は寝ていることが多いです)。親バカのブログですが、毎朝、朝刊を読むような感じで楽しんでください。

 Q 記事のネタはどこで仕入れていますか。
 A このブログの記事は、mikuと父が実際に体験したこと(大会に出場したり、試合を観戦したり)が多いです。自分たちで体験した内容が一番おもしろいです。父が現場にいないことでも、その場にいたかのように書いていることが多いです(〇〇だそうです、〇〇とのこと…といった伝聞の表現にすることはわずらわしいため)。
 ネットで、できるだけ、いろいろなボウリング関係のサイトや選手のブログも見たいと思っていますが、なかなか余裕がありません。テレビはほとんど見ません(BS・CS放送は契約していません)。
 根拠のない、うわさ話は掲載せず、情報には正確を期すよう努力していますが、選手の名前を間違えることも多くて、すいません。このブログを含め、ネット情報やメディア情報はリテラシー(情報を適切に理解・解釈する能力)を持って、判断してください。

 Q コメントがなかなか公開されません。
 A コメントは承認制で、父が承認するまで公開されません。父が気づくのが遅くなったときはすいません。
 メールアドレスは入力しなくてOKです(入力すると公開されてしまうので、入力しないことをお勧めします)。
 文字化けしていたり、ネットマナーに反するコメントは公開しません(一番多いのは名前がないことです。他人の著作権を侵害していたり、論争を始めるようなコメントも公開しません)。
 いただいたコメントにはできるだけリコメしていますが、すべてにはリコメしていませんのでご了承ください。

 Q 記事の内容が最初に読んだときと変わっていることがあります。
 A 記事は公開後に加筆修正することがあります。重要な加筆修正は(追記・修正)であることを明記します。重要でないこと(誤字脱字や絵文字の修正など)は明記していません。

 Q お父さんはボウリングをしないんですか。
 A 父が上級者だとかん違いしている方が多いようですが、父は06年4月から4年間投げたことがあるだけの素人です。しかも、自己流でボールを曲げないボウリングでした。今は投げていません(mikuに負けて悔しいだけですしね)。
 ボウリングの技術の記事は稚拙なことを書いていて、恥ずかしいです。ボウリングの技術を文章で表現することは無理だと、父は思っています。父の書いているボウリングの技術に関することは、mikuと父の覚え書きですから、皆さんは参考にせず、読み流してください。以前、記事に書いたことでも、今は実践していないことも多いです。

 Q お父さんはフェイスブックやツイッターはやってないんですか。
 A 父はFBもツイッターもやっていません。ブログだけで手一杯です。文章を何度も推敲して書き直すので、ツイッターより、ブログのほうが合っています。
 mikuはInstagramをやっています。TwitterやFBにも連携しています。海外のボウラー友だちがたくさん登場しています。ボウリング以外のネタも多いです。このブログとは違う、mikuの一面を見ることができて、おもしろいと思います。というか、今や人気はmikuのSNSにとられてしまいました…。
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。