Let's enjoy bowling with miku! ver.2.0

浦野実紅と父のボウリング日記
0

初めてのアリーナボウル

初めてのアリーナボウル

 今日(6/18)は敦賀のアリーナボウルで、JBC福井県連の2人チーム競技大会が行われ、mikuも出場しました。

 福井でWAVE40以外のボウリング場は初めて。アリーナボウルは14レーンと小さいですが、オープンして10年で新しく、明るくて、アプローチも投げやすかったそうです

 mikuは2人チーム戦(9G×2)は最終3位(スクラッチでは1位)、個人戦(12G)は最終6位(スクラッチ10位。女子2位)となりました(mikuは女子ハンディ15ピン)。

<1回戦3G673ピン・アベ224(6/18、アリーナボウル)>
170618-1.jpg

<2回戦3G575ピン・アベ191>
170618-2.jpg

<3回戦3G586ピン・アベ195>
170618-3.jpg

<個人戦決勝3G599ピン・アベ199>
170618-4.jpg

<12G2433ピン・アベ202>

・・・
 18チーム(男子24人、女子12人)が出場、2人チーム戦は1ボックス6人打ちで3Gごとにボックス移動、個人戦決勝はボックス2人打ちでした。

 2人チームは佐藤公紀さんと組みました。1回戦はトップだったものの、2・3回戦のmikuのロースコアが響き、最終3位となりました。申し訳ないです。

 優勝は愛媛国体の福井県代表メンバー、今村佳代子さんと高木則子さんのペアでした。高木さんは270UPを打ち上げました。おめでとうございます。mikuたちのペアは、トップとはハンディ込みで87ピン差でした。

 個人戦は9Gを6位で通過。決勝3Gでもまたロースコアがあり、最終6位のままでした。優勝は高木さん、mikuはスクラッチで89ピン差もつけられました

 5G目の140UPはフェノムパールの曲がりをコントロールできませんでした(曲がりすぎるときがあってスプリット)。こういうときにシングルピンのミスが2回もありました。各シフトにローゲームをつくってしまったのが残念です。

 ※マカオ・オープンが6月16日から始まっています。福井県連の吉田健大くんや、新畑雄飛くんがエントリーしていて、昨日、現地入りしました(今日午前時点ではまだ成績には出てきていません)。香港のMichael Mak(麥卓賢)さんが昨日、パーフェクトを出しています。
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する