Let's enjoy bowling with miku! ver.2.0

浦野実紅と父のボウリング日記
2

真剣に自分の健康について考えないと

 キョウさん、ご心配をありがとうございました

 mikuと父は、今朝(6/12)5時35分羽田着のJALで無事、帰国しました。

・・・
 父は、まずチャンギ空港で病人は搭乗拒否されるんじゃないかと心配でした。チェックインで病気であることを伝えて、「車椅子を用意しましょうか」とまで言われましたが、さすがにそれは遠慮しました。

 搭乗してからは、「シンガポール発羽田行きのJAL機で急病人が発生し、香港に緊急着陸」みたいなニュースになったらどうしようと思って、家族にも伝えておきましたが、7時間を乗り切りました。人間、何とか、なるものですね。

 今回のシンガポール遠征は、mikuの付き添いでありながら、かえって足手まといになってしまいました。何の病気だったのか、恥ずかしくて書けません。申し訳ありません。風邪薬の副作用に旅行や大会のストレスが重なったことが原因だと思っています。

 シンガポールの選手、連盟の方々にご心配をおかけしました。グレニーグルス病院(日本メディカルケア)の先生、スタッフの皆さんや、タクシーの運転手さんにもとても親切にしてもらいました。

 とくに病院に付き添ってくれたシンガポールナショナルチームのNorman Qaiくんには、いくら感謝してもしきれません

 海外で病気になることほど、心細いことはありません。父も海外に行くなら、mikuや周りの人たちに迷惑をかけないよう、真剣に自分の健康を考えなければいけないなと思いました。まずは今回の病気が少しずつでも治っていきますように。
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

りりー says...""
お大事になさってください。
2017.06.12 23:25 | URL | #Fjqb2npw [edit]
kanaeの父 says..."お具合はいかがですか?"
海外で病気なんて大変でしたね。
文面からすると、回復までまだ時間のかかる病気ということでしょうか?
早くよくなるといいですね。
元気になられてどこかのレーンでお会いできればと思っています。
2017.06.13 01:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する