Let's enjoy bowling with miku! ver.2.0

浦野実紅と父のボウリング日記
0

雪国であった。

しらさぎから見えた雪原

 国境の長いトンネルはなかったと思いますが、そこは雪国でした

 まぶしくて、目が開けていられなかったそうです

 ※写真はしらさぎの車窓より

該当の記事は見つかりませんでした。