Let's enjoy bowling with miku! ver.2.0

浦野実紅と父のボウリング日記
3

山本勲プロが藤井信人プロを振り切る

 JPBAの全日本選手権(新狭山グランド)は、山本勲プロが06~08年の3連覇以来、7年ぶり4回目(通算14回目)の優勝

 藤井信人(のぶひと)プロは、優勝決定戦の第1試合は、4Fで10番ピンミスのあと、5Fからのみごとな7thで逆転勝利。再決定戦では、レーンがわからなくなってしまったようで、ストライクが続かず、2位となりました。

 山本プロも泣いていましたが、藤井プロも泣いていたのが印象的でした

0

タップが続いて運もなかった4G目

 昨日(11/23)、行われたU40新日本製薬カップの予選で、mikuは69人中、最終37位(ハンディ込み)となり、準決勝進出の24位とは36ピン差で敗退しました

 3G目終了時点では24位とは1ピン差の25位でしたが、4G目に落としたのが響きました

<U40予選前半3G637ピン・アベ212(11/23、東京ポート)>
151123-1.jpg

<U40予選後半3G561ピン・アベ187(11/23、東京ポート)>
151123-2.jpg

0

U40は後半失速

梢乃さんU40

 今日(11/23)はJPBAの承認大会、U40新日本製薬カップの予選6Gが行われ、mikuも出場しました。男子プロ16人、男子アマ(ハンディ5ピン)31人、女子プロ(10ピン)13人、女子アマ(15ピン)9人、合計69人が参加しました。

 mikuは前半3G終了時点では、準決勝進出ラインの24位と1ピン差の25位(ハンディ込み)でしたが、4G目に落としたのが響き、最終的に24位とは36ピン差の37位(スクラッチ46位)となり、準決勝進出はなりませんでした

<mikuのスコアと順位(24位との差)>
(予選6G・69人)
201→209→227/637 HC45 682(-1) 25位
→167→201→193/1198 HC90 1288(-36) 37位(スクラッチ46位)

 ※写メは10月のジャパンオープン以来の田村梢乃(さあの)さん。12月のPBA女子スコーピオン・オープンもいっしょなので、また写メが撮れますね

0

マイク・フェーガン、ボウリングはお休み中

 ジャパン・ボウリング・プロモーション(JBP)のHPで、来年1月のDHCインビテーショナルの出場選手が発表になりました。2年連続出場は5人、ジェイソン・ベルモンテやウェス・マーロット、ミカ・コイブニエミがいないのが残念です。

 マイク・フェーガンもいないのでどうしたんだろうと思っていたら、今、カリフォルニア大学の大学院に通っていて、ボウリングはお休みしているんですね。ボウラーズハングアウトの11月20日のFBで知りました。

該当の記事は見つかりませんでした。