Let's enjoy bowling with miku! ver.2.0

浦野実紅と父のボウリング日記
3

アメリカの食事は…

Subway.jpg
朝食はサブウェイのサンドイッチを部屋やフードコートで

Shrimp.jpg
ストリップ通りでシーフード

Pho.jpg
ベトナム料理店のフォー

Asian Rice
グランドキャニオンへのバスツアーでアジアン・ライス・ボウル(中華丼?)

California Roll
のりが内側に入っているカリフォルニアロール

 ラスベガスでは、食べ物には苦労しました。ホテルのレストランは、ほとんどの料理が口に合わなかったからです

 それでも、mikuの兄は「大学の学食よりも5倍はうまい」と言っていました。アメリカ人の味覚はどうなっているんでしょうか…

3

シンガポールの準備体操

 シンガポールのナショナルチームの選手たちは、USBCクィーンズでルービック・キューブをしているのもおもしろかったのですが、もう1つ、試合前にアプローチに集まって、準備運動を始めるのも目立っていました

 端のほうにいても、中央に選手が集まってきます。まずは軽いその場駆け足からです

0

テーブルにすわってしまう選手たち

 USBCクィーンズで優勝したBernice Limさんはじめシンガポール選手が、試合中に(テレビ決勝でも)、ルービックキューブをしていることは、5月28日のブログに書きました

 へぼせんさんが5月28日のブログで「いいのか?」と…。たしかに、お国柄でしょうね。日本のNHK杯のテレビ決勝で、選手がルービック・キューブをしている姿は想像できません

0

男子と変わらないボウリングスタイル

 mikuのUSBCクィーンズのスコア表です

 ゲーム内容は、当日の記事に書きましたので、そちらへのリンクでご覧ください

予選1回戦5G1033ピン・アベ206(5/21、Orleans)>
160521.jpg

予選2回戦5G1042ピン・アベ208(5/22、Orleans)>
160522.jpg

予選3回戦5G992ピン・アベ198(5/23、Orleans)>
160523.jpg

0

公平なボックス移動の方式

 USBCクィーンズの予選のボックス移動はとてもよかったです。2つの点が日本(JPBA)と違っていました。

 1つは、右のレーンの選手は右方向に、左のレーンの選手は左方向に移動したことです。1ゲームごとに同じボックスのメンバーが変わることになります(mikuは日本では、13年3月のユースナショナル選考会で同じ方式を経験しました)。

 同じレーンの2人はずっといっしょ。mikuはKalynn Carlさんとペアでした。最初に話しかけてくれた選手で、ガッツがあり、タッチが痛かったそうです

ボックス移動

 ※USBCクィーンズ予選のレーン配当とレーン移動(PDF)

2

千葉に帰ってきました。

 ラスベガスのホテルを5月27日(金)朝7時(日本時間の23時)に出て、今日(5/28)の18時半に自宅に着きました

 mikuは飛行機のなかで全然寝ず、映画を観て過ごしました。時差ボケもすぐに解消するんでしょうね。父は月曜日からの社会復帰が心配です

0

Bernice Limさん、ルービックキューブをしながら優勝

 ラスベガス11日目、5月26日(木)は、朝10時からのPWBAラスベガス・オープン、13時からのソノマ・オープン、17時からのUSBCクィーンズのテレビ決勝を観戦しました。

 僕たちはP★leagueと同じようにサイドにすわって、選手の投球を間近で見られました。CBS Spoetsの生放送にも映ったそうです。現地の日本人の方が教えてくれました。次に映るときはアプローチの上で映りたいなあ

 ※USBCクィーンズの試合結果
 ※PWBAのHP

このカテゴリーに該当する記事はありません。