Let's enjoy bowling with miku! ver.2.0

浦野実紅と父のボウリング日記
0

No Border Sport

 ボウリング・ワールド・オープンの最終日(7/12、幕張メッセ)で、僕たちが一番楽しみにしていたのが、健常者と障がい者によるイベント、No Border Sportでした。父は、姫路麗プロの07年12月12日のブログ「ブラインドボウラー」という言葉を初めて知り、いつか見たいと思っていたからです。

 エキシビジョンが中止と発表され、ショックだったのですが、No Border Sportは男女決勝戦のあとに行われました。感動しました。

2

「AKBからJBCまで徳光でございます」

スクリーン裏から

 今回のワールド・オープンは観客席は1000席で9割ぐらいは埋まったと思います。テレビカメラが10台以上、入っていました(写真はピンデッキ(スクリーン)の裏側の風景です)。

 総合司会が徳光和夫アナ、優勝インタビューはテレビ東京の須黒清華(すぐろ・さやか)アナ、解説席にバドミントンの小椋久美子さんと、豪華メンバーをそろえました(解説は下地賀寿守コーチ、小林哲也プロ、渡辺けあきプロ)。小椋さんの解説は聞こえませんでしたが、徳光さんも須黒さんも上手に盛り上げてくれました。

 テレビ放送はテレビ東京系列で、8月2日(日)16時~17時15分です

2

Joey Yeoさんはmikuと同い年

Joey Yeo

 ボウリング・ワールド・オープンの女子は、シンガポールのJoey Yeo(ジョーイ・イェオ)さんが優勝。僕たちはシンガポールのナショナルチームの隣で観戦していたんですが、試合後に凱旋してきたところで、ツーショットを撮らせてもらいました

 Joey Yeoさんは、mikuと同じ17才なんですよ。mikuは8月、Joey Yeoさんは12月生まれだそうです。mikuがおととしのシンガポール国際交流で仲よくなったDaphne Ohさんも同じ年。ブログの写真を見せたら、「My friend」と言っていました
・・・
 Joey Yeo of Singapore won women's titles in Bowling World Open yesterday. She and Miku, my daughter, are all 17 years old, and 8 years passed since they began bowling. Joey Yeo also won a trios gold medal at Asian Championship in January.

Jazreel Tan and Singapore National Team members supported Joey Yeo at the Final. Their suppoet was great.

2

TeamKoreaの豪華メンバーと

TeamKorea.jpg

 今日(7/12)は幕張メッセの特設会場で、ボウリング・ワールド・オープンの決勝を観戦。いろいろな出来事がありましたが、まず一番うれしかった、上の写真の記事からです

 再入場を待っているとき、たまたま韓国のナショナルチームメンバーが近くにいました。優那ちゃんとmikuがスマホで動画を撮りながら、「韓国の選手と写真が撮りたい~」と騒いでいるので、父が美人ボウラーのHan Byul(ハン・ビョル)さん(写真のmikuの右隣)に韓国語で頼んで、撮らせてもらいました
・・・
We watched Bowling World Open Final at Makuhari Messe today. While waiting for entrance, there were members of a Team Korea near us. I asked Ms. Han Byul in Korean to take pictures with my daughter Miku and her friend Yuna.

Ms. Han Byul said 'Miku is kawaii' in Japanese. I'm happy.

Miku wants to bowl with Team Korea in future. I want Ms. Han Byul to say not only 'kawaii' but also 'tsuyoi' (tough).

More practice!

4

女子のローダウンに興奮気味

ビル・オニール

 今日(7/11)は、ラウンドワン南砂町店に行って、ボウリング・ワールド・オープン予選の男子3~5G目、女子1~5G目を観戦しました。世界の一流ボウラーを生で見られて、mikuと父は興奮気味です

 来場者の半分は外国人だったと思います。こんな大会は初めてです。まさに世界の祭典という感じでした。

 Bill O'neil(予選2位→準決勝3位で決勝進出)のパーフェクト達成(予選5G目)は、たまたますわっていた席の目の前で見られました(mikuがスマホで写メを撮っています)。

 ※明日の決勝進出選手は24時過ぎに、大会サイトで発表されました。日本は、男子は予選を通過した12人のうち、山本勲プロが準決勝4位で決勝進出を果たしました。女子は4人が予選を通過しましたが、残念ながら、姫路麗プロの18位が最高でした

1

松丸澄子選手が6回目のベストアマ

決勝観戦

 今日(6/21)の午後は千葉リバーに行って、千葉女子オープンの決勝を観戦しました

 ※写真は、溝口吉彦さんに会場で撮っていただきました。ありがとうございます。試合の写真も後日掲載します。

 姫路麗プロが10勝目、松丸澄子選手が総合2位・ベストアマ、今年のプロテストトップ合格の内藤真裕実プロが、デビュー2戦目で3位となりました

 松丸さんは9回の千葉女子オープンのうち、何と6回目のベストアマ。まさに最強アマですね(霜出佳奈選手が2回、向谷美咲選手が1回)。

2

菅野さんを応援~新春プロアマミックス

菅野沙織さん2

 今日(1/25)は田町ハイレーンでJPBAの承認大会、新春プロアマダブルスの観戦にいってきました。大会観戦は久しぶりでした。

 元ナショナル・京産大の菅野(かんの)沙織さんの応援です。じつはインビテーショナルのまえ、1月14日の東京ポートでの練習にきてもらった特別コーチは菅野さんでしたレーンアジャストのスペシャリストに教えてもらって、177ピンだったスコアが278ピンになったのでした(写真はこの日に東京ポートのレストランで撮りました)。

 菅野さんはミックスダブルスは黒川靖プロとペアでした

このカテゴリーに該当する記事はありません。